私が偏頭痛を発症してから、そろそろ2年が経とうとしています。 通院して、結局は月経困難症に伴う症状だという事がわかりました。 排卵日直後と、生理の1週間前に目眩、吐き気を伴う頭痛が起こります。薬を飲んでからは徐々に症状が軽くなっていますが、その前は発症すると、2日くらい寝込んでしまう事もザラでした。発症の周期もよく分からず、仕事にも支障をきたし始めていました。 今ではもう、大体このくらいで悪くなるな、というのが分かりますので、仕事を上手いことずらしながら過ごす事が出来ます。また、この時期にはこういう事をしてはいけないな…と分かりますので、予防をしながら偏頭痛と付き合う事が出来るようになってきました。 通院を始めた頃は、生理痛もひどくなっていたので、何か婦人病ではと総合病院の女性外来を訪れました。そこで月経困難症と診断され、頭痛もひどいようなら神経内科も受診するようにと、そちらも紹介して頂きました。そして婦人科は漢方、神経内科は偏頭痛薬という形で処方してもらい、薬で徐々に治していこうという事になり、現在に至ります。通院間隔も1ヶ月から2ヶ月となり、症状も和らいできました。 このまま段々と治っていってくれたらなあと思います。