クルマの保険には自賠責保険と任意保険の2個の種類が販売されています。

任意保険も自賠責保険も、トラブルなど遭遇した場合の補償を想定したものですが、契約の内容は細かな点で異なっています。

二つの保険をよく見ると補償が可能な範囲が多少差別化されているのです。

※相手に対しては、自賠責保険・任意保険によって補償されようになっています。

※自分に関しては、『任意保険』を用いて補償されます。

※自己が所有する財産については『任意保険』で補償されるようになっています。

自賠責保険のみでは、自分自身の傷害あるいは乗用車に関するサポートは受けられません。

また相手方に向けての補償などですが自賠責保険においては亡くなってしまったケースでは最高額で三千万円障害が残った場合最高額4,000万などといったように決まっています。

しかし賠償金がこの金額を上回ってしまうことはよくあることに注意しましょう。

さらに続いて事故の相手方の所有する乗用車ないしは建築物を壊してしまったときには、加害者の完全な自己負担になると定められています。

そのような負担を防ぐために任意保険という制度が不可欠となるのです。

被害者に対するサポートを重要視する任意保険には、それとは違う役割が用意されています。

※事故の相手方へは死亡時ないしは負傷のほか、車または建物といった種類の財産を補償してもらえるのです。

※自分へは、同乗していた人もひっくるめて死亡時ないしは傷害を補償するのです。

※自分の所有する財産に関しては乗用車を賠償するのです。

あらゆる面について賠償が安心できるものであるということが任意保険における強みです。

負担は欠くべからざるものとならざるを得ませんが、相手のためにも自分自身のためにも、愛車に安心して乗りたいのであればぜひ任意保険というものに契約しておいた方がよいでしょう。